ご飯を食べてくれない息子にイライラ

子育てをしていると、思ってもいないところで悩まされるものです。
上の子がまだ2歳くらいだったころ、ご飯を食べてくれないという悩みを抱えていました。
たくさん遊んでお腹が空けば、ご飯を食べてくれると単純に考えていたのですが、全く食べてくれなかったのです。

好きなおかずはしっかり食べるけれど、苦手なおかずや食べにくいおかず、味のない白いご飯は手をつけようともしませんでした。
毎日、色々な言葉かけをしながら、味付けを変えながらなんとか食べさせるように工夫をしていたのですが、さすがに毎日、毎食のこととなると苦痛でした。
私が作ったご飯がおいしくないのかな?と悩んだこともあります。

育児雑誌に載っている離乳食や幼児食を参考にしてみても、しっかり食べてくれることは少なかったです。
「どうして食べないの?!」と怒ってしまったことも、何度もあります。
けれど、怒ったところで食べてくれるわけでもないのです。

そこで、ご飯をそのままお茶碗で出すと食べてくれないので、小さなボール型のおにぎりにして、ふりかけをまぶしてみたり、サッカーボールの模様にのりをつけてみたり、形を変えたり色をつけたりと工夫してみました。
すると、手づかみで食べやすかったのか、モリモリ食べてくれるようになりました。
ちょっとした工夫をするだけで、食欲が増すものなのだなと気づきました。

でも、次の日には同じやり方をしてもダメだったりするので、毎日が工夫と実験の繰り返しでした。
私が頑張れば、子供も答えてくれる。
きっと、ママが頑張っているのを子供も気づいているのだと思います。
諦めずに頑張ることも大切ですね。

コメントは受け付けていません。 子育て