赤ちゃんを抱っこしながら、産後ダイエット

上の子がまだ小さい赤ちゃんだった頃は、いつもいつも抱っこをしていたと記憶しています。
ベッドに寝かせるとすぐ起きて、泣いてしまう子供でした。
抱っこをしてゆらゆらさせているうちに、うとうとして寝てくれるので、毎日多くの時間を抱っこに費やしていました。

当然、その間は自分がやりたいことはできず、もどかしい気持ちでした。
子供を抱っこしながら、ダイエットにつなげてしまおうと思いついた時から、抱っこをしながらスクワットをしたり、ウエストをひねったりしていました。

これなら、テレビを見ながらでも簡単にできるので、赤ちゃんが起きない程度の動きでダイエットをしていました。
その効果が出たのか、思っていたほど産後太りをすることもなく、むしろ妊娠前より痩せたくらいです。

子供が小さいときは、集中してダイエットをするということは難しいです。子供の世話に時間がかかるので、自分のことに使える時間は少ないからです。

ですから、何かのついでにできる方法でダイエットをすることは、痩せる秘訣なのかなと思います。
いわゆる「ながらダイエット」なら、飽きずに続けることもできますしね。
ただ、ずっと抱っこをしていたこともあり、腕の筋肉はしっかりついてしまったのは失敗でした。